TTRは鳥取の略!?

3月12日、鳥取県に1日だけ春が来た。

天気予報では最高気温 16

風は強くとも空は青く、おっさん疲れてるのに我慢出来ず、ポケットにバナナ一本突っ込んで飛び出してきたε=┌(`・ω・´)┘イヤッホゥ

image


まずは標高300㍍程にある大山の展望台。

少し霞んでいるが、だいたいこれが普通だ。

雨上がりなんかは空気も綺麗で、夕焼けがとても美しい。

image


ちょっとずるいが、去年の写真。

こんな景色も楽しめるのだ(゚∀゚)

展望台を下り、今度は日野川添いに大山ビューラインへ進むと、今まで農協の売店だったところにコンビニが出来てる(;゚д゚)!!

image


このところ、大山の周りもコンビニが増えたなぁ…

image


そして、看板と大山とTTR-3をパチリ。

春になり、山が緑に覆われるとこのあたりも草の匂いが漂ってくるようになる。

その頃にまた、一枚撮るとしよう(´V`)♪

結局、65㌔900㍍程走って帰宅。

気持ちの良い1日だった。


大山に興味が出たら⇩

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

今日は昼からちょっとしたヒルクライムに行ってきた。

脚の調子をみるために登る、距離2㌔獲得標高200㍍の、山というよりは丘。

おっさんは小さい代わりに軽い、という所謂クライマー(笑)というタイプなので、こうした10%ほどある急勾配をいかにこなすかが課題になってくる。

このところ、平地を走り込む基礎練習に取り組んできたが、その成果を試してみたくなった。

夜勤明けに、2時間昼寝しただけでは疲労が抜けなかったのか、何故か脚がプルプル笑っていたが、細けぇ事ぁ気にしない。

序盤は7~8%の穏やかな勾配たが、それはつまり後半に10~13%の刺激的な坂が待っている事を意味する。

体重が軽かろうと軽いなりにしんどく、しかも脚に力が入らない(;´Д`)

やはり、寝不足の体では無理があっただろうか…と思いながら、なんとかしようとダンシングで踏ん張ってみると、いつもとなんか違う。

どうやら、力が入らない脚の替わりに上半身の力を無意識に使っているようだ、と気がついた。

体調がグダグダでも色々と得るものは有るようで、結果はなんと自己ベストを5秒更新。

image


8分53秒はこの時期の基礎練しかしていないおっさんとしては満足。

ちなみに写真の向こうの山は、おっさんの地元の秀峰大山。

もう少し天気が良ければハッキリ見えたのだけれど…(´・_・`)


ヒルクライムが好きな人は⇩

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

今日、会社の健康診断の結果が帰ってきた。

おっさんは、赤血球数とヘマトクリット値がけっこう低いのが以前から気になっていて、半年ほど前から鉄分サプリを摂っていた。

ヘマトクリット値は、血液がどれだけ酸素を運搬できるかを示す数値と思えば良い。

%で示されるこの数値の平均は40~52%なのだが、おっさんはこれが41%前後しかなかった。

ちなみに、50%を越えるとドーピングコントロールに引っかかるのだそうな。

image


で、結果⇧

おお!(゚∀゚)!!

上昇している!

ヘマトクリット値が高いと言うことは、有酸素運動である自転車競技にとって強みと言える。

これは素直に嬉しい(*´ω`*)

高すぎると血栓で血管が詰まるリスクを高めるそうだけど(・・;)

かつては、ドーピングしてまでヘマトクリット値を高めようとしてたそうだから、サプリだけで改善するとはなんとも安上がり。

良くやったぞネイ○ャーメイド(笑)

とりあえず、このまま続けていこう。


エンジン(人間)のチューニングも大事、と思ったら⇩

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ







このページのトップヘ