今日は愛車の紹介。

image


フレームはスペインのメーカーRTS。
2012年頃から国内に流通し始めた、まだまだ新興のブランド。
そのRTSのセカンドグレードにあたるTTR-3というモデルで、当ブログのタイトルの元ネタでもある。

image


メインコンポはシマノ6800アルテグラ、クランク周りのみサードパーティー製で、多分このバイクの一番の肝だと思う。

image

というのも、Qファクターが狭く最小で139.8㍉(付属のワッシャーで左右2㍉ずつ広げられる。それでも大手のクランクより狭い)しかない。
おっさんのように体が小さく骨盤の幅も狭い者には脚を真っ直ぐに下ろせるメリットは大きい。

Qファクターについては、今はGoogle先生が何でも教えてくれるので、興味のある人は調べて見て欲しい。

クランク長も140~170㍉と、サイズ展開も豊富だ。
ディズナの『ラ・クランク』完成車付属のクランクに満足出来ない方は是非とも試して見て欲しい。
ちなみに現在クランク長160㍉を使用しているが、標準より脚の短いおっさんはもう少し短い155㍉長の導入を検討している(´;ω;`)ブワワッ


脚が短いんじゃない、胴が長いのだ。と思ったら⇩

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ