TTRは鳥取の略!?

カテゴリ: 機材

練習用の安タイヤを履きつぶしてから試そうと思っていたTUFOS3liteだが、結局我慢できずに履いて走ってきた。


700×19cということ、さらに公称重量215㌘ということで走りの軽さを期待していたが、期待を裏切らない良いタイヤと思う。

推奨空気圧8~15気圧とかなり幅があるので、セッティングを煮詰めるのに少し時間がかかるだろうか。

普段おっさんはチューブラータイヤの空気圧をフロント6.8~7.2、リアを7.0~7.5気圧で平地や山など走る予定に合わせて少しずつ変えていた。

S3の推奨空気圧を下回っているため、とりあえずフロント8.5のリア9.0で走り出してみた。

これは他のチューブラーでは高すぎて、拾った振動で体がやられるほどの高気圧だ。


最初に感じたのはモッチリとしたグリップ感で、踏み込みに対してグイッと踏ん張った後にスッと前にでる感覚だった。

悪く言うと加速がもたつく感じ。

比較になるような良いチューブラーはコンチネンタルのグランプリ4000位しか使った事がないが、あの鋭い加速感とはだいぶ違う(´Д`)

あれ?失敗だったかな?と思ったのも束の間、どうやらタイヤの表面が一皮向けるにつれて、そのもたつきが無くなってきた。

ただ、タイヤの味付けというか何というか、やはり『タメ』を作って加速するタイヤのように思える。

路面に吸い尽くようなグリップ力との兼ね合いなのだろうが、ズバッと鋭い加速感がお好みなら他の選択肢が有るかもしれない。


路面の振動は、おっさん的に高い気圧であるにも関わらず非常にマイルドに伝わってくる。

タイヤの真円度も高いようで、下りではすーっと速度が乗っていき、ハンドルに伝わる振動が手のひらで収まるような、とても滑らかな走り心地だ。

チューブレスタイヤは乗り心地が良いと聞くが、構造的にチューブレスに近いというTUFOタイヤの面目躍如といったところか(゚∀゚)

TUFO、もう何種類か試してみよう。


因みに、おっさんレーパンを洗濯するときに、臀部とサドルの擦れた跡がかなり片方に偏っていることに気がついた。

具体的には尻がサドル上で右に寄っているため、パット裏側の左半分がより広範にわたり擦れている。

サドルは真ん中を頂点に緩やかに丸まった形状なので、骨盤が右に落ちると言うことは反対に左側が上がるということ。

おっさんがクリート調整でいつも悩んでいた左足が少し短い問題は、左の股関節が骨盤と一緒に持ち上がって、クランクの下死点までの距離が遠くなったのが原因ではないか?

という事に気がついた訳だ。

現在矯正中だが、さてさてどうなる事やら(;´Д`)



ポチッと宜しくお願いします⇩

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

最近ネタが無い(´・_・`)


いきなりで恐縮だが、ブログというものを始めてから日々ネタを探している。

日記帳・備忘録程度のこんなブログでも、アクセスが有ると素直に嬉しい(●´∀`●)

一応、自転車ブログなのでそれっぽい事を探すのだが、おっさんの日常生活はさほどドラマチックではない。

真面目に働き時々愚痴をこぼし、自転車で淡々と日々走り込み、出来るだけ良い食事を摂り、マッサージとストレッチで疲労をケアし、可能な限りよく眠る。

………地味だなぁ…



だからという訳ではないが、以前から小さくたためるチューブラータイヤを探していたところ、候補になっていたタイヤを購入した。

TUFOS3Lite

image


Google先生に聞いたところなかなか評判は良いらしい。

インナーチューブをケーシングで巻くのではなく、ケーシングの中にチューブのゴム素材を直に蒸着させる工法で、実質チューブレスに近い構造らしく空気が抜けにくいのが特徴なんだとか。

試しにたたんだところ、けっこう小さくなるのでスペアとしてサドルの下に括り付けても違和感はなさそうだ。

今の練習用タイヤの寿命がきたら取り付けてみるとして、早くタイヤが終わるように頑張って走り込むとしよう。

使用感についてはまだ当分報告できそうにない、少し待っていて欲しい。



待たん!と思ったら⇩

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

チェーンリングをRIDEAに換装してから200㌔ほど走ってみての雑感。

最初に言っておくが、おっさんのペダリングはいわゆる縦踏みペダリングである。

クランクが3時の位置に来たときに最大のトルクがかかるよう、腹筋で股関節から大きく大腿部を持ち上げ、臀筋とハムストリングスを用いて真っ直ぐ踏みおろす。

その際、水平方向への入力、すなわち巻き脚蹴り脚は意識しない。

踏みおろして後はすぐに要らない力を抜いて、また腹筋でスッと脚を引き上げる。

腹筋で引き上げると言っても意識するという問題であって、実際に腹筋が脚に繋がってる訳じゃないから勘違いしてはいけない(`・ω・´)b

膝から下に真っ直ぐペダルに対し力が入るよう、クランク長を含めポジションはしっかり調整しておく。

おっさんがラ・クランクに拘るのはこの辺のポジション出しの為でもある。

で、本題。

image


RIDEAをはじめとした非真円チェーンリングの特徴は、ある領域で歯数を小さくする事により、上下死点をより小さいトルクで素早く通過できる、という事だ(これで合ってるはず(・・;))

そして、おっさんのペダリングの課題として、水平方向への入力が弱いという事が上げられる。

重いギアで踏むと相応に、巻き脚や引き脚、蹴り脚と言われる踏み込む動作以外の部分でも大きな力が必要になってくる。
そうしないとスムーズに回らない。

筋力なのか、テクニックなのか、おっさんはその踏み脚以外の力が弱いため、重いギアを回すとあっという間に脚が売り切れてしまう。

だから、ペダリングも軽めのギアをクルクルさせて、自然と縦踏みになったのだろう(´・_・`)

あるいは、ショートクランクなのも影響しているだろうか。

梃子の原理により力点が支点より遠いほうがより大きな力がかかる。

で、そうしたおっさんの弱点を、RIDEAのチェーンリングは随分と緩和してくれる。

しっかりと踏み込んでいながら、死点を通過させる為の労力は少なくて済むので、回転を上げるのも容易だ。

臀筋やハムストリングスへの負荷は上がっているが、これまでより重いギアを踏んでいるのだから当然といえる(;´3`)=3ツカレルナー

膝から下の筋肉はやや負担が減ったように感じるが、これは水平方向への入力が減った為だろうか。

まだ長距離を走っていないため、疲労の蓄積具合など分からない部分も多いが、これまでのところ問題は無さそうだ。

今後も走り込み、気付いた事などをレポートするつもりだ。


おっさんとは逆に、ペダリングの際に水平方向への入力を重視する人にとっては、肝心なところでトルクが抜ける為かえって使いにくく感じる可能性があることを付け加えておく。



参考になったらなら⇩

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

早速だが、リディアのチェーンリングを試すためひとっ走りして来た。

真円から変えたとき、リディアはそれ程違和感がないとは聞いていたが、なるほど確かに無い。

上下死点の抜けやすさが有るせいか、やたらにクルクル回る。
が、ただ低いギア比で回すだけなら真円でもなんでもいい。

真円で難しいのは、高いギア比、重いギアを踏んだときに上下死点をスムーズに通過させる事だと思うが、その上下死点が、比較的楽に通過できると言うことは少々重いギアでも回し易いと言うこと。(多分)

重いギアが回るんだから、巷で聞くように『脚が早く売り切れる』ということになるのだろう。
真円だろうと楕円だろうと、50Tなり52Tのチェーンリングをブン回すことには変わりないのだから。実際疲れた(;´Д`)

また、筋肉の使い方が少し異なるようで臀筋とハムストリングスにこれまでよりも大きな負荷を感じた。
特に、利き足に比べ筋力の劣る左脚はしっかり筋肉痛がキている(´Д`)グワー

慣れるまでにはまだ当分時間が必要で、良い買い物をしたかどうかもまだ当分判断が出来ないところだ。

image


写真は休憩に立ち寄った、大山ガーデンプレイスでの1コマ。
週末は豆腐屋の移動販売車がくるが、そこの豆腐ドーナツが美味。
外はサクサク中フワフワで、甘さ控えめでかなりいける。
ただし揚げ物なので、カロリーは……((;゚д゚))


ドーナツに興味が出たら⇩

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

RIDEAの非真円チェーンリング。

image


155㍉クランクも導入。

image


ちょっとピンぼけ…(・・;)

当面はこれで走り込んでインプレの真似事をしてみるつもり。

このページのトップヘ